沿  革

  • 1959年11月14日 熊本県白玉粉事業協同組合員の内3社が企業合同し、
    火乃国食品工業株式会社設立。
    白玉粉及びきな粉・団子粉の製造をおこなう。
    1962年4月 さらに、1社合併。資本金2020万円となる。
    1966年10月 円滑な販売を目的とし、火乃国商事株式会社を設立。一括販売とする。
    1975年4月  片栗粉の製造を開始。
    1977年1月 包装もちの製造を開始。
    1982年3月 増資をおこない、資本金3040万円となる。
    2000年3月 さらに増資をおこない、資本金4560万円となる。
    2000年9月  包装工程の作業性の充実と老朽化した事務所を検討し新社屋落成。
    2002年 有機JAS認定(JONA)取得
    認定番号:JH030812PR-0649-0 
    2003年 冷凍白玉製造工場竣工
    2004年 日本冷凍協会認定取得
    認定第2371号
    2011年 環境問題を配慮し太陽光発電設置(最大発電量30kw/h) 
    2013年4月  冷凍ラインを増強し新冷凍工場を稼働 
    2013年5月 日本冷凍協会認定取得(4年工場)
    認定第843004号

創業当時の様子

※現在の社屋※ 

明治43年 清泉商会として発足。
コンコンと湧き出る石清水を利用し白玉粉の製造を始める。
その清水より清泉と名付け、現在も当社の最高級白玉粉に
その名が付けられ伝統を守っています。


↑ ページの上部へ

Twitter



白玉粉に関するツイート


サポート

当社へのご意見・ご要望などはホームページ内のお問い合わせよりご発信下さい。
またフリーダイヤルもご利用ください。
0120-88-1092